背中ニキビにおすすめケアアイテム10選!原因を知って改善しよう

背中ニキビ
(名前)
背中にニキビが出来てしまって痛い〜
そんな時ありませんか?

背中は手も届きにくく、薬をぬるのも大変、できれば出来てほしくないですよね><

実は背中は、体の中で顔の次に皮脂腺が多い部分なんです。
ニキビができやすいのも頷けますよね。

出来てしまってから治すのは大変な背中ニキビ。
本日は、普段から出来る簡単な予防方法をお教えします!

自宅でできる!背中ニキビの予防ケア

肌を清潔に保つ

皮脂腺が多い部分なので、皮脂や汗が残りやすくもあります。
しっかり落として清潔に保つようにしましょう!

ナイロンタオルはタブー!

背中ニキビに悩む人が間違いやすいのが、ニキビが出来たらナイロンタオルでゴシゴシこすってしまうこと。
一見しっかり洗えているように思いますが、ナイロン素材が肌を傷つけ悪化させてしまう原因に。
それどころか、小さなキズが重なりシミになる恐れまであるのです。

体を洗うときは、ナイロンタオルではなく、肌に負担のかかりにくい綿タオルを使いましょう!
こすりすぎず、優しく洗うことがポイントです。

ボディソープよりも固形石鹸

体を洗うのにおすすめなのは、液体のボディソープよりも固形石鹸です。
ボディソープには界面活性剤が多く含まれており、肌に刺激を与えます。
また、肌をしっとり洗い上げるために油分が含まれている商品が多くあります。
この油分が肌に残って膜を作ることでニキビの原因になることもあるので気をつけましょう。

体は最後に洗う

体を洗ったあとにシャンプーやトリートメントを流すと、背中や胸など体にその成分が付着したまま残り、肌への刺激になります。
先に髪を洗い流してから、体についてしまった成分も一緒に洗い流しましょう。

汗はこまめに拭き取る

背中ニキビは汗の刺激で悪化する場合もあります。
夏は特に、朝晩シャワーを浴びるなどして汗を洗い流し、またこまめに汗を拭き取るようにしましょう。

綿素材の衣類がおすすめ

特に肌に直接触れるインナーは、綿素材がおすすめです。
綿は、吸水性・吸湿性が良く、肌触りも良いので肌への刺激や負担が少なく、ニキビを予防し、悪化を防ぎます。
ナイロンやウールなどチクチクする素材は肌へ刺激を与え、ニキビを悪化させる原因になるので気をつけましょう。

背中のニキビ予防!おすすめケアアイテム10選

クレンジングリサーチ ボディクリアソープ(しっかり角質クリア)

ザラつき・ニキビ・ニオイもすっきり。
毎日使えるAHA配合の角質用ボディソープ。
肌にやさしい100%植物性洗浄成分を使用。
もこもこの泡で余分な皮脂や角質をすっきりオフしてサラサラ素肌へ導く、しっかり角質クリアタイプ。
フルーツ酸、柿渋・緑茶エキス、ハトムギ種子エキスを配合。
フレッシュアップルの香り。

オルビス クリアボディ スムースローション

ひと吹きでなめらかな肌へ整える、ニキビケア用薬用ボディローションです。
皮脂が多く、ニキビのできやすい胸元や背中などにシュッとひと吹きで毛穴を詰まらせにくくし、ニキビを防ぎます。
さらにニキビをケアする薬用成分(グリチルリチ酸ジカリウム)と、バリア機能を整える和漢植物エキス(クチナシエキス)の働きで、ごわつくボディをトラブル知らずのすべすべ肌に整えます。
ボトルを逆さにしたままスプレーできるので、手の届かない背中も簡単にケアできます。

ペリカン石鹸 ニキビを防ぐ薬用石鹸 ForBack

ニキビができやすい背中を3ステップでしっかりケアする薬用石鹸です。
炭・泥&パパインのW洗浄補助成分で毛穴づまりをオフ。W薬用有効成分で肌を殺菌・消毒。
ベントナイト&グリセリンのW保湿成分でうるおい洗浄します。

ツルリ 薬用ボディ磨きムース

まかないこすめ 和紙タオル

プロアクティブ+ ディープクレンジングボディブラシ

ALTY アルティ全身美容ブラシ ロングハンドル

天然生成 絹ボディタオル

NOCOR ノコア アフターボディ トリートメントクリーム

palclair(パルクレール) パルクレールジェル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です