酵素洗顔が肌荒れの原因に?!気をつけないと怖い酵素の落とし穴

洗顔

毛穴の黒ずみや角栓の除去に効果的だと言われている酵素洗顔。
泡立ちも良くツルンと洗い上がるので毎日使っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、酵素洗顔が原因で肌荒れが起こる場合があるってご存知ですか?

本日は酵素洗顔の落とし穴についてお話していきます。

酵素洗顔は肌荒れの原因?!

酵素洗顔は皮脂や汚れ、角質がしっかり落ちると人気が高いアイテム。
その洗浄力の高さとは、酵素の持つ『分解作用』にあります。
肌の汚れである『タンパク質』をしっかり分解してくれるので、汚れがしっかり落ちるのです。

しかし汚れだけでなく、実は肌もタンパク質で出来ています。

つまり酵素洗顔は皮脂や汚れとともに肌も一緒に分解してしまうため、肌本来の持つバリア機能が壊され、肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

汚れをしっかり落とすことも大切ですが、肌の必要な成分まで壊してしまわないよう使い方には注意が必要です。

酵素洗顔を使っての洗顔は週一程度にとどめ、それ以外は肌にやさしい洗顔料で洗うようにしましょう。

酵素はアレルギー発症のリスクも

酵素洗顔の『酵素』。
実はこれもタンパク質でできています。

タンパク質にはアレルギー発症のリスクがあり、さらに、酵素洗顔によく使われるパパイン酵素もアレルギーリクスがあると言われています。

ただ単に肌に悪いというわけではないので、使う頻度や洗い方には十分注意して、うまく取り入れて行くようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です