洗顔料は固形石鹸がおすすめ!洗顔石鹸の選び方と洗顔方法

石鹸

毎日必ず行うスキンケアの基本ともいえる洗顔。

いろんなタイプの洗顔があり、何が自分に合っているのか迷ってしまいますよね。

洗顔方法も人それぞれ違い、『泡立てネットで泡立てる』『朝は水のみで洗顔料は使わない』など色々言われています。

洗顔の役割

洗顔は、皮脂や空気中の汚れ(塵やホコリ、雑菌など)、女性であればメイクアップ料などを落とし、肌を清潔に保つ役割があります。

朝は水のみで洗顔を行う方も多いと思いますが、寝ている間にも肌は皮脂やホコリ、また寝具の汚れなどが付着しているので洗顔料を使うことをオススメします。

汚れをしっかり落として置かなければ、肌に残った汚れから雑菌が繁殖し肌トラブルを引き起こす事も有るからです。

洗顔料の種類

洗顔料には、大きく分けて2つのタイプがあります。

まず1つは「フォーム型洗顔料」。
チューブに入ったもので、泡立てて使うタイプ。
誰もが使ったことがあると思います。

2つめは「固形型洗顔料」。
一般的に洗顔石鹸と言われるものです。
こちらも泡立てて使います。

洗顔料の選び方

オススメは無添加の洗顔石鹸

洗顔料を選ぶポイントは皮脂や汚れをしっかり落としてくれるもの

たったこれだけです。

フォーム洗顔にもメリットはたくさんあるが…

・泡立ちやすく持ち運びにも便利
・香りが良い
・薬用美白タイプやしっとりタイプなど肌タイプに合わせて選びやすい
・種類が豊富
・持ち運びにも便利

など、豊富さと手軽さから使っている方も多いでしょう。

しかし、合成界面活性剤が使われているものが殆どで、肌に刺激も与えてしまうのです。

どうしてもフォームタイプが良い方は、なかには無添加の洗顔フォームもあります。

肌タイプ別で選ばなくて良いのか?

薬用美白タイプや、しっとりタイプなど、肌状態に合わせて選びたくなりますが、
美白や保湿成分は洗顔料を洗い流す際に一緒に流れてしまいます。
またしっとりタイプは油分を肌上に残すため、その後のスキンケアの浸透を半減させてしまう可能性があります。

洗浄力を基準に選びましょう。

肌質に合った洗浄力のものを選ぶ

乾燥肌〜脂性肌まで、洗浄力はいろいろあるので肌質にあったものを選んで下さい。

敏感肌の方が洗浄料の強すぎるものを使うと肌荒れの原因にもなりかねません。

敏感肌や乾燥肌の方は洗浄力の弱めのもの、脂性肌の方は洗浄力の強めのものでしっかり汚れを落として下さい。

洗顔のしかた

手に石鹸をとって軽く泡立て、そのまま洗顔…していませんか?

洗顔とは「泡で洗う」が基本です。

泡立てネットを使って野球ボール1個分くらいの泡をつくり、泡のクッションで洗いましょう。

少ない泡でゴシゴシこすると、摩擦により肌を傷つけてしまうこともあります。

また泡が細かい汚れや皮脂を絡め取ってくれます。

しっかり落としたいからと言って長い間洗う事も肌にダメージを与えかねないので、目安は1分程度でOKです◎

最後はぬるま湯で優しく洗い流します。毛の生え際など石鹸が残りやすい部分もしっかり洗い流しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です