体温が低い!低体温の原因と症状 | 改善方法はあるの?

低体温

身体がだるいな〜と思って体温を測ってみたら、35.8℃しかない。
風邪っぽいけど熱はない。

こんな経験ありませんか?

熱でも風邪でもないのに、身体がだるい、そんな体調不良の原因は低体温かもしれません。

健康なの人の体温は36.5℃〜37℃ですが、昨今、日本人の平均体温が下がってきていると言われています。

平均体温が下がることで、体には様々な負担やリスクがかかってくることはご存知でしょうか?

本日は低体温の原因とリスクについてお話します。

低体温とは?

低体温とは、平均体温が低く一般的に36℃以下の方は低体温だと言われています。

手先など一部だけが冷たい冷え性とは違い、身体の芯から冷えてしまっている状態です。

低体温になると、免疫力が低下し、様々な病気にかかるリスクが増えたり、疲れやすい、肩がこる、太りやすい、女性であれば生理不順などの原因にもなります。

体温ごとの身体の状態

36.5〜37.0℃:健康、免疫力や代謝が活発に働ける状態
36.0℃:体が熱を発生させるためにブルッと震える
35.5℃:排泄障害、自律神経失調症の発症、免疫力が下がりアレルギー症状などが発症する
35.0℃:ガン細胞が活発化する
34.0℃:生存の危険性。溺れた人が助かる確率は五分五分
33.0℃:凍死寸前の体温、幻覚が現れる
30.0℃:意識不明

平均体温

健康な人の平均体温は36.5℃だと言われ、免疫力も高く、ウイルスが侵入しても倒すエネルギーがあります。

約50年前では、平均体温は36.8℃あったそうです。この数年でも下がってきていることがわかりますね。

低体温になると身体はどうなる?低体温の症状

体調を崩しやすい

体温が1℃下がると、免疫力が37%も下がると言われています。
これにより、ウイルスや最近への防御力が下がり、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。

花粉などのアレルギー症状がでる

これも上と同様に、免疫力が下がることによって、抑えられていたアレルギー症状が現れたり、症状がひどく鳴ったりします。

肩こりなど身体のコリがひどくなる

体が冷えると筋肉が緊張状態となり、凝り固まってしまうのです。
また、そのまま放っておくと血管が圧迫され血行不良が起こり、頭痛やめまいなどを併発するので早めに改善しましょう。

肌がくすむ、顔色が悪くなる

体温が35℃台になると、肌の新陳代謝が落ち、そのため血液の循環が悪くなり、血行不良になることで肌がくすみがちになります。

食欲不振

体温が下がると、内蔵の温度も低下し胃腸のはたらきが弱くなります。
胃のはたらきが弱まることで、消化不良による胸焼けなどの不快感、下痢の症状が原因で食欲の低下が起こります。
また、腸のぜん動運動が弱まることで便秘が起こり、胃腸の膨満感などの不快感によっても食欲の低下が起こるのです。

太りやすい

体温が下がると、基礎代謝が下がります。
基礎代謝は一日の消費エネルギーの約70%を占めています。
この消費量が下がるため余分なエネルギーが消費されず蓄積され、太りやすくなってしまいます。

むくみやすい

血行不良がおこることで、代謝が落ち、体内の水分もうまく循環されず溜まりやすくなるのでむくみやすくなります。

老けやすい

新陳代謝が下がり、身体に老廃物が溜まりやすくなることで、シミやシワができやすくなります。

不眠

冷えや低体温が原因で起こる血行不良は、自律神経が乱れる原因となります。
自律神経が乱れると、交感神経と副交換神経がうまく働かず、夜にはたらきリラックスを促す副交換神経が鈍くなることで、眠れなくなります。

生理不順

体が冷えることで、ホルモンバランスが乱れやすくなり、生理不順が起こりやすくなります。
体温が少し上がるだけでもホルモンバランスは整いやすくなるので、体を温めるようにしましょう。

低体温になる原因と改善方法

食生活の乱れ

ビタミン・ミネラルの不足

近年の食生活は、脂肪・糖分の過剰摂取の反面、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。
ミネラル・ビタミンが不足している状態を現代栄養失調といい、低体温の一番の原因とされています。
この場合、野菜や海藻、果物など、ビタミンやミネラルの豊富な食材をバランスよく摂取することで低体温の改善につながります。
とはいえ、毎日バランス良く続けるのもなかなか難しいですよね。
そんなときは、サプリメントで補うようにしましょう。

タンパク質不足

熱をつくるもとになる筋肉量が落ち、タンパク質が不足している状態。
鶏むね肉や豚モモ、牛モモなどの肉類、その他にもツナ、納豆、牛乳、豆乳など様々な食材に含まれています。
積極的に摂取するように心がけましょう。

冷たいものや甘いものの食べ過ぎ

冷たいものや甘いものは体を冷やします。
カフェインも体温を下げる効果があるので、摂り過ぎには気をつけるようにしましょう。
温かい物は体をあたためる効果がありますが、この時もカフェインは避け、白湯などを飲むとより効果的です。

運動不足

運動量が不足すると、筋肉量が低下し、使われない筋肉が硬くなっていきます。(体が硬くなる)
筋肉量が低下すると、熱を作り出す力も低下したり血液の循環が悪くなり低体温の原因となります。
筋肉量を上げるにはジムでの筋トレが一番効果的ですが、難しい場合は30分程度のウォーキングやストレッチをするだけでも効果があります。
空き時間をうまく活用して適度な運動を取り入れてみてください。

姿勢が悪い

姿勢が悪いとけ血流が悪くなり、低体温や末端冷え性を引き起こします。
現代はPCやスマホを見る時間増え、同じ姿勢で作業をし続けることも多くなりました。
悪い姿勢のまま体が凝り固まり、血行不良につながるケースが少なくありません。
適度にストレッチや休息をはさむなどして姿勢を意識しましょう。
あまりにもひどい場合は整骨院などで診てもらうのも一つの手です。

喫煙

昔から言われているように、喫煙は血管を収縮させます。
血流がわるくなり、体の隅々まで血液が行き届かなかったり、末端まで行き渡るのに時間がかかります。
思い切って禁煙をする、本数を増やすなどの努力をしていきましょう。

シャワーのみの入浴

湯船に浸からず、シャワーのみで入浴を済ませてしまうというかた。
一人暮らしの方や、特に男性に多いとされていますが、みなさんはどうでしょうか?
湯船に浸かるのは、体温を体の芯から上昇させるためにとても効果的な方法です。
10分程度浸かるだけでも、約1℃の体温の上昇が望めます。
理想は毎日20分、腸や内蔵をしっかりあたためることを意識して湯船に浸かると効果的です。

冷房の効きすぎ、当たりすぎ

夏場などは特に、会社や電車の冷房が寒い程効いていたり、直接風が当たったりという事も多いですよね。
これは常に体を冷やし続けている状態で、また体温調節の機能も鈍くなったりとよくありません。
会社などでは周りの人もいるので、冷房を切ることが難しかったりするので、極力体を冷やさないよう、カーディガンを羽織ったり、温かい飲み物を飲むようにするなど、体を温めるよう心がけましょう。
あまりに寒い場合はお腹にカイロを貼るのも効果があります。

ストレス

ストレスが貯まると、血管が収縮して血流が悪くなります。
血液中にコレステロールや中性脂肪が増加し、細胞が不活性化するため体が冷えていってしまいます。
こまめにストレスを解消するようにして溜め込まないこと。また適度な運動は筋肉もついて2倍の効果がありおすすめです。

低体温を改善するためのポイントまとめ7つ

①筋トレ
②ビタミン・ミネラル・タンパク質の摂取
③姿勢を良くする
④喫煙を控える
⑤不船に浸かる
⑥体の中から温める
⑦ストレスを貯めない

さいごに

いかがでしたか?
低体温の原因、当てはまるものがいくつもあった方も多いのでは無いでしょうか。

忙しい毎日の中でも、すこし時間をみつければ、簡単に行える改善方法もたくさんあります。

ぜひ今日からなにかひとつ、はじめてみませんか?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です